そうけい珈琲メインイメージ

新着情報

“褐色の神酒” クリスタルマウンテン

スペシャルティコーヒー

クリスタルマウンテン  キューバ

カリブ海に浮かぶ太陽の楽園キューバ。そこで生まれたコーヒーの逸品「クリスタルマウンテン」。その香りとマイルドさはカリブのリズムと共にトロピカルなムードを演出します。

キューバ共和国はカリブ海に浮かぶ熱帯の島国で、世界のコーヒーの中でも指折りの逸品と言える「クリスタルマウンテン」があります。キューバのコーヒーの歴史は1748年に開かれ、ドン・ホセ・ヘラルドがハイチのコーヒー園から豆を持ち帰ったのが始まりです。その後、コーヒー園は島全体に広がり、今やキューバの代表的な産物となっております。

クリスタルマウンテンの名は海抜1000M以上の山岳地帯の水晶の産地にコーヒーが栽培されたことが由来します。透明な陽光をいっぱいに浴びる斜面、腐植に富んだ独特の土質、一年中殆ど変わる事の無い気温…まさにコーヒーの楽園とも言える絶妙な自然の中で、まろやかな香りの一粒は生まれます。キューバのコーヒー生産量は年間30000~34000トン程でその中でクリスタルマウンテンは約1000トンを占めます。グリーンビーンズは大粒で、風味もマイルド、バランスのとれた名の通りのクリスタルの繊細な質感です。そのコーヒーの中でも最も良質の物だけが「クリスタルマウンテンコーヒー」と呼ばれています。

キューバのコーヒーについて“キューバ独立の父”ホセ・マルティはこう語っております。「我々のコーヒーは豊かな神の酒(ネクター)であり、炎の無い柔らかな火のようであり、燃える事は無いが血液を活気付かせ、精神を整える…」水晶の山の“褐色の神酒”と呼ばれる「クリスタルマウンテンコーヒー」。その優雅な香りと味わいを御試し下さい。

※ワールド珈琲商会 資料より

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

浅煎り.jpg

珈琲の豆知識   2016/06/14   安西 久文

ブログカレンダー

12月 2018年1月 2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031