そうけい珈琲メインイメージ

新着情報

コーヒーが夜間作業の効率や安全性を高める?

眠けを追い払いたいときや、集中力を高めたいとき、手を休めてコーヒーを飲んでみてはどうでしょう。カフェインが精神活動に及ぼす効果については、これまで多くの研究で実証ずみです。ある実験では、カフェイン220mg(コーヒー約2杯分)を摂ると、夜間作業中の不注意事故が半減し、また、認知エラーが半減することがわかりました。別の実験では、夜間の高速道路運転時、カフェイン200mgの飲用が、仮眠30分と同じくらい疲労をとるのに有効なことが確認されています。さらに、15分程度の仮眠と、カフェイン150~200mgの摂取を同時に行うことで一段と効果が高まり、運転事故が減少するという報告も出されています。

※参考文献「全日本コーヒー協会」資料より引用

珈琲の豆知識   2018/04/06   安西 久文

ブログカレンダー

6月 2018年7月 8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031