そうけい珈琲メインイメージ

新着情報

珈琲の豆知識

コーヒーの保存方法

新鮮なスペシャルティコーヒーを提供しております。新鮮なコーヒー豆は適正な保存が大切です。

正しい保存方法をご紹介します。基本的にコーヒーは生鮮品のように考えて下さい。止むを得ず長期保存をする場合、一番良い保存方法は冷凍庫で保存することです。冷凍庫で保存する場合は、密封容器に入れるか、袋を2重にすることで保存性が高くなります。

 

◆豆の場合

 長期保存をする場合、密封容器に入れ冷凍庫で保存しましょう。2か月は美味しく飲めます。常温の場合は2週間程度で飲みきってしまうことが望まれます。

 

◆粉の場合

 密封容器に入れ、冷凍庫で保存しましょう。1ヶ月半は美味しく飲めます。

珈琲の豆知識   2016/06/28   安西 久文

そうけい珈琲店舗案内

HP 1.JPG

●箱根登山鉄道 入生田駅より 徒歩3分  国道の信号を渡って左へ50m

  《 めずらしい石垣の工房 》  40mの石垣の中央に工房があります。

 

●小田原市街より  国道1号線 箱根方面 生命の星・地球博物館 手前50m (煙突、のぼりが目印)

 

●小田原厚木道路 箱根口を出て国道を箱根方面へ500m左側

 

※駐車場が無く、御不便をおかけしております。申し訳ございません。

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2016/06/20   安西 久文

“褐色の神酒” クリスタルマウンテン

スペシャルティコーヒー

クリスタルマウンテン  キューバ

カリブ海に浮かぶ太陽の楽園キューバ。そこで生まれたコーヒーの逸品「クリスタルマウンテン」。その香りとマイルドさはカリブのリズムと共にトロピカルなムードを演出します。

キューバ共和国はカリブ海に浮かぶ熱帯の島国で、世界のコーヒーの中でも指折りの逸品と言える「クリスタルマウンテン」があります。キューバのコーヒーの歴史は1748年に開かれ、ドン・ホセ・ヘラルドがハイチのコーヒー園から豆を持ち帰ったのが始まりです。その後、コーヒー園は島全体に広がり、今やキューバの代表的な産物となっております。

クリスタルマウンテンの名は海抜1000M以上の山岳地帯の水晶の産地にコーヒーが栽培されたことが由来します。透明な陽光をいっぱいに浴びる斜面、腐植に富んだ独特の土質、一年中殆ど変わる事の無い気温…まさにコーヒーの楽園とも言える絶妙な自然の中で、まろやかな香りの一粒は生まれます。キューバのコーヒー生産量は年間30000~34000トン程でその中でクリスタルマウンテンは約1000トンを占めます。グリーンビーンズは大粒で、風味もマイルド、バランスのとれた名の通りのクリスタルの繊細な質感です。そのコーヒーの中でも最も良質の物だけが「クリスタルマウンテンコーヒー」と呼ばれています。

キューバのコーヒーについて“キューバ独立の父”ホセ・マルティはこう語っております。「我々のコーヒーは豊かな神の酒(ネクター)であり、炎の無い柔らかな火のようであり、燃える事は無いが血液を活気付かせ、精神を整える…」水晶の山の“褐色の神酒”と呼ばれる「クリスタルマウンテンコーヒー」。その優雅な香りと味わいを御試し下さい。

※ワールド珈琲商会 資料より

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

浅煎り.jpg

珈琲の豆知識   2016/06/14   安西 久文

コーヒーゼリーのレシピ

 ● 材料(2~3人分) アイスコーヒー 300cc ・粉ゼラチン 5g

① コーヒー300ccを鍋に入れ火にかけます。沸騰する寸前で火を止めコーヒーを耐熱の容器(ボール等)へ移してください。

 その中 に粉ゼラチン5gを直接ふり入れヘラでよくかき混ぜて溶かします。

② ボールより一回り大きい容器に水を溜め、その上にコーヒーが入った容器をのせて、ヘラでかき混ぜながら粗熱を取ります。

③ カップに入れ冷蔵庫で約2時間冷やします。お好みでホイップクリームやシロップ、アイスクリームをのせると一層おいしくいただけます。

残ったアイスコーヒーで簡単に作れます!!是非、お試しください。

2013_0417_1...

珈琲の豆知識   2016/05/30   安西 久文

帆船時代のコーヒー豆!インドモンスーン

アイスコーヒーに最適なインドモンスーンコーヒーをご紹介します!!

18~19世紀頃に、インドで栽培されたコーヒーを大消費地であるヨーロッパに輸送する場合、アラビア半島沖を通過し、アフリカの南端である喜望峰を回って送り込んでいたが、途中2回の赤道直下を経由していた。その際、船内の温度、湿度は過酷な状態になり、コーヒー豆は黄色く変色し、独特の風味が発生した。現在は、人為的に当時の船内で起こりうる環境を想定して、1~3年の期間をかけて倉庫内を暗くし、湿度を保ち歴史ある製法でつくられている。

インドコーヒー独特の香味とコク、濃厚な味は一度飲んだらやみつきです。コーヒー通の皆さん是非一度お試しください。

帆船.jpg

 

画像【Wikipediaより引用】

 

 

アイスコーヒーの作り方

(1人分)    粉15gで80~100ccを抽出します。

      (メジャーカップは1杯=10g)

(2人分)   粉25gで160~200ccを抽出します。

 

● グラスの縁まで氷を入れ熱いコーヒーを一気に注ぎ急冷します。澄んだ水色の香り高いアイスコーヒーができます。

● 多目に作り冷蔵庫で保管する場合、粉50gで500cc抽出します。

※ホットコーヒーより少ないお湯で抽出していますので、濃いコーヒーとなります。

  氷の水分により薄くなりますが、お好みによりお湯の量を調整してください。

2013_0417_1...

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2016/05/23   安西 久文

メタボリック症候群に及ぼす運動とコーヒー飲用の効果!

習慣的ななコーヒー飲用は脂質代謝を促進し、メタボリック症候群の進展を抑制することが知られている。

この研究では、メタボリック症候群に及ぼす運動とコーヒー飲用の効果を調べるため、ヒトのコーヒー飲用後に30分間のランニングを負荷し、運動時の糖・脂質代謝動態および回復期のエネルギー代謝亢進の推移を観察した。対照として白湯を飲用させた場合と比較すると、コーヒー飲用者は糖質の利用が抑制され、脂肪燃焼が亢進した。ラットを用いた実験においても同様に、メタボリック症候群危険因子は、運動とカフェイン摂取の併用により相乗的に改善することがわかった。

鈴木政登 東京慈恵会医科大学臨床検査医学 教授

※全日本コーヒー協会 資料より引用

珈琲の豆知識   2016/05/17   安西 久文

日本でコーヒーは栽培できないの?

小規模ですが、温暖な気候の鹿児島県徳之島でコーヒーが栽培されています。また同じく九州の一部地域や沖縄でもおこなわれています。市場で流通するだけの量は生産されていませんが、現地では特産品としてうられています。

※参考文献 「コーヒーの事典」 成美堂出版

珈琲の豆知識   2016/05/11   安西 久文

コスタリカ ハニー エルバポル

スペシャルティコーヒー

コスタリカ ハニー エルバポル

生産国  コスタリカ タラス ロスサントス地区 

     エルバポル農園

標高  1800m

国際的にはタラスとして知られているロスサントス地区は良質コーヒーの産地として有名であり、中でもSANTA MARIA DE DOTA地区はタラス地区で最も良質のコーヒーを産出する。COOPEDOTAは良質なコーヒーを生産している96農園により1960年に創設され、現在、メンバーは769に上り、コスタリカのみならず、国際的にもハイクォリティーコーヒーとして知られている。カップに甘さとフルーティさが加わるコーヒー。

(ワールド珈琲商会 資料より)

 

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

中煎り (2).jpg

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2016/05/06   安西 久文

焙煎豆の香りと熟成

コーヒーは香りが命と言われます。焙煎後数時間で発生する香りは、自然の恵みの魅力を鮮やかに知覚させてくれます。香りは炭酸ガスと酸素の置換作用が続く間は放出し1ヶ月位で終息します。また、焙煎豆には熟成の期間があります。熟成は初めの頃より後の方が味わいが濃くなります。熟成が進んでいる間はおいしさは失われません。すぐに密閉容器に入れ、冷凍庫に保管します。1ヶ月間は新鮮な状態の香味を楽しみ、美味しく飲めます。

珈琲の豆知識   2016/04/28   安西 久文

コーヒー豆に鎮痛作用のペプチドを新たに発見!

【AFP=時事】ブラジル農牧研究公社とブラジリア大学は、コーヒーに鎮痛作用のあるペプチド(タンパク質の破片)の含有を確認したことを発表した。このペプチドはモルヒネに似た効果を持つという。

ブラジル農牧研究公社によると、同社の遺伝・バイオ研究部とブラジリア大学の科学者からなるチームは先ごろ、鎮痛や穏やかな鎮痛作用のある性質を持つ、これまで知られていなかったオピオイドペプチドを発見したという。

また、実験用のマウスを使った実験の結果、みつかったオピオイドペプチドの持続時間がモルヒネより長いとみられることも分かった。

今回の発見についてブラジル農牧研究公社は、健康食品業界にとってバイオ技術面での新たな可能性を与えるものであり、また他方では、食肉処理される家畜のストレス軽減にも応用できるかもしれないと期待を寄せている。

ブラジル農牧研究公社とブラジリア大学は、品質向上を目的にコーヒー豆の研究を続けている。ブラジル農牧研究公社は、2004年にコーヒー豆のゲノムの解析に成功していた。

【翻訳編集】AFPBB News

YAHOO! ニュースより引用

珈琲の豆知識   2016/04/20   安西 久文

ブログカレンダー

3月 2018年4月 5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930