そうけい珈琲メインイメージ

新着情報

珈琲の豆知識

コーヒーゼリーのレシピ

 ● 材料(2~3人分) アイスコーヒー 300cc ・粉ゼラチン 5g

① コーヒー300ccを鍋に入れ火にかけます。沸騰する寸前で火を止めコーヒーを耐熱の容器(ボール等)へ移してください。

 その中 に粉ゼラチン5gを直接ふり入れヘラでよくかき混ぜて溶かします。

② ボールより一回り大きい容器に水を溜め、その上にコーヒーが入った容器をのせて、ヘラでかき混ぜながら粗熱を取ります。

③ カップに入れ冷蔵庫で約2時間冷やします。お好みでホイップクリームやシロップ、アイスクリームをのせると一層おいしくいただけます。

残ったアイスコーヒーで簡単に作れます!!是非、お試しください。

2013_0417_1...

珈琲の豆知識   2015/07/25   安西 久文

帆船時代のコーヒー豆!!インドモンスーン

アイスコーヒーに最適なインドモンスーンコーヒーをご紹介します!!

18~19世紀頃に、インドで栽培されたコーヒーを大消費地であるヨーロッパに輸送する場合、アラビア半島沖を通過し、アフリカの南端である喜望峰を回って送り込んでいたが、途中2回の赤道直下を経由していた。その際、船内の温度、湿度は過酷な状態になり、コーヒー豆は黄色く変色し、独特の風味が発生した。現在は、人為的に当時の船内で起こりうる環境を想定して、1~3年の期間をかけて倉庫内を暗くし、湿度を保ち歴史ある製法でつくられている。

インドコーヒー独特の香味とコク、濃厚な味は一度飲んだらやみつきです。コーヒー通の皆さん是非一度お試しください。

帆船.jpg

 

画像【Wikipediaより引用】

 

 

アイスコーヒーの作り方

(1人分)    粉15gで80~100ccを抽出します。

      (メジャーカップは1杯=10g)

(2人分)   粉25gで160~200ccを抽出します。

 

● グラスの縁まで氷を入れ熱いコーヒーを一気に注ぎ急冷します。澄んだ水色の香り高いアイスコーヒーができます。

● 多目に作り冷蔵庫で保管する場合、粉50gで500cc抽出します。

※ホットコーヒーより少ないお湯で抽出していますので、濃いコーヒーとなります。

  氷の水分により薄くなりますが、お好みによりお湯の量を調整してください。

2013_0417_1...

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2015/07/21   安西 久文

アイスコーヒーは日本オリジナル?

日本ではホットと同じように人気のあるアイスコーヒーですが、世界的に見るとかなり珍しいアイテムなのです。起源は諸説ありますが、明治時代の氷店のメニューには、すでに「氷コーヒー」の名前が記載されたとか。1976年にはポッカがはじめて家庭用のアイスコーヒー缶を発売。1980年代初頭までは夏場の飲み物でしたが、現在では一年中楽しむことができます。

※参考文献 「コーヒーの事典」 成美堂出版

珈琲の豆知識   2015/07/17   安西 久文

コーヒーの香り

コーヒーが飲めなくてもコーヒーの香りは好きという人は結構多いとおもいます。

コーヒーの香りに着目した研究実験で、コーヒーの香りをかいだ時、アルファ波(脳波)が増え、リラックスする効果があるということが報告されています。アルファ波が、リラックスした状態であるほど多く出現すること(例えばクラッシック音楽や川のせせらぎを耳にしたときでやすい)を応用した実験のようです。さらに、焙煎の深さの違いによる香りの効果で「深煎り」の香りが最もリラックスをもたらし、あたまの回転度合に一番影響を与えたのは「中煎り」の豆でした。リラックスしたい時には「深煎り」がよく、勉強や仕事の能率を上げるのには「中煎り」がよいというわけですね。

その時の目的に合わせて焙煎の深さが違うコーヒーを飲み分けるのもいいですね。コーヒーは飲んで美味しいだけでなく、たくさんの健康効果に関する実験結果が報告されています。コーヒーは奥が深い飲み物なのです。

 

珈琲の豆知識   2015/07/10   安西 久文

日本でコーヒーは栽培できないの?

小規模ですが、温暖な気候の鹿児島県徳之島でコーヒーが栽培されています。また同じく九州の一部地域や沖縄でもおこなわれています。市場で流通するだけの量は生産されていませんが、現地では特産品としてうられています。

※参考文献 「コーヒーの事典」 成美堂出版

珈琲の豆知識   2015/07/06   安西 久文

新商品!ブラジル アロマショコラ

スペシャルティコーヒー

ブラジル サントアントニオ アロマ ショコラ

生産国  ブラジル サントアントニオ

標高  1000~1100m

ブラジル アロマショコラは、そのネーミング通り、チョコレートの味わいが残る(香りが楽しめる)コーヒーの追求から生まれた、高品質ブラジル・グリーンビーンズです。

ブラジル サントアントニオ・エステートコーヒー生産者組合に属する20農園の中から、数農園をセレクト。この地域特有の【重量感のある甘味を、安定してお届けできる逸品】を選定ブレンドして作られたのが、「アロマ ショコラ」です。

ナッツやチョコレートのようなフレーバーが特徴で、フルーティさも感じられ、クリーンなボディー感で、甘味が口に広がります。ブラジルらしい風味に加えて、甘いカラメル香をたっぷりと含んでいます。

(ワールド珈琲商会 資料より)

 

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

中煎り (2).jpg

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2015/07/02   安西 久文

コーヒーの伝承【ヨーロッパから西インド諸島へ】

1720年ごろのこと、カリブ海のマルティニーク島で軍務に就いていた若きフランス軍海軍将校のガブリエル・マチュー・ド・クリューは、一時帰国した際にフランスからコーヒーの木をマルティニーク島に持っていくことを思い立つ。コーヒー栽培をカリブ海地域に伝えようと考えたのだ。しかし、当時コーヒーの木は王位植物園によって厳しく管理されていた。ド・クリューはある貴婦人を使って、裏ルートからコーヒーの木を入手する。マルティニーク島への行路、ド・クリューの乗った船は海賊の襲撃や嵐など数々の試練に遭う。それでも、限られた自分用の飲用水を与えてまでド・クリューはコーヒーの木を死守したのだった。ド・クリューの物語は当時の歌にも歌われた。彼が島に植えた苗木は強い繁殖力で子孫を増やし、やがて西インド諸島全体に広められる。今では当たり前のように流通しているカリブ海諸国(ジャマイカ、ドミニカ、ハイチなど)のコーヒーは、ひとりの勇敢な男の献身から生まれたのだ。

※参考文献/『オール・アバウト・コーヒー コーヒー文化の集大成』(TBSブリタニカ)

帆船②.jpg

画像【Wikipediaより引用】

珈琲の豆知識   2015/06/27   安西 久文

『あなた好みのコーヒー作り』教室

世界に一つだけのマイブレンドを作りませんか?

あなたのお好きなコーヒーは、甘味のある上品なコーヒー?それとも、甘味と軽い酸味のコーヒー?甘味と爽やかな苦味のコーヒー・・・・

 

色々な銘柄の豆を配合して、どこにもない自分だけのブレンドを作ります。新しい味の発見の喜びと興奮が味わえます。完成したブレンドに名前をつけてください。さらに、ご家庭でも本格的なコーヒーが楽しめる抽出(ペーパーフィルターを使用するペーパー抽出)のコツをお教えします。コーヒーの抽出は、コツさえ掴めば簡単です。自宅で美味しいコーヒーが飲みたい、美味しいコーヒーを淹れたいという方、この機会に是非ご参加ください。

●日程  毎月第3土曜、日曜日 (次回は平成27年7月18、19日)

●時間  10:30~12:30 (所要時間 約2時間)

●1名様~3名様でお申込みください。

●準備するものは特にありません。

●受講料 1,500円  ケーキ付き  

お土産にマイブレンドコーヒー豆100g

●会場・集合場所  そうけい珈琲(小田原市入生田92-3)

 駐車場 : 無し(お車でご来店されるお客様は事前にご相談ください。)

 

箱根旅行にいらした方や、お近くにお住まいの方もお誘いあわせのうえ、是非ご参加ください。1名様も気軽にご参加ください。アットホームなコーヒー教室ですので、御夫婦やお子様がいらしゃるご家族も歓迎いたします。

ご予約のお問い合わせ  

Tel・Fax 0465-44-4424 

E-mail soukeikohi@mild.ocn.ne.jp    

 

皆様のご受講を心よりお待ちいたしております!

2012_1122_1...2012_1122_1...

 

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2015/06/24   安西 久文

スペシャルティ・コーヒーってなんだ?

豆の品種、農園もしくは栽培地区が特定できる。栽培・精製に手抜きがない。香味が良く産地特有の個性を感じさせる。などの条件を満たした特別なコーヒー豆のこと。世界各地で生産されるコーヒー全体のうちのわずか5%程度ともいわれる。

※参考文献 「珈琲事典」 新星出版社

珈琲の豆知識   2015/06/22   安西 久文

小田原の自家焙煎店 そうけい珈琲

① 高品質のスペシャルティコーヒーです。

② 厳選された生豆と焙煎が新鮮な自家焙煎コーヒーです。

③ わざわざ自家焙煎するのは、コーヒーを美味しく作るためです。

④ 毎日必要な分だけこまめに焙煎する新鮮なロースト豆です。

⑤ 大量生産ではできない、豆の質やキャラクターを生かした創造的な香味のコーヒーです。

⑥ このブレンド『私の作品です!』 全国どこにもないここだけのコーヒーです。

⑦ 『一度飲んだら忘れない味』です。

⑧ 新しい味の発見の喜びと興奮をお楽しみください。

⑨ 高品質豆を使用していますが、リーズナブルプライスでご提供させていただきます。

DSCF0133.jpgDSCF0130.jpg

店舗③.jpg

珈琲の豆知識   2015/06/17   安西 久文

ブログカレンダー

8月 2017年9月 10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930