そうけい珈琲メインイメージ

新着情報

新製品

“褐色の神酒” クリスタルマウンテン

スペシャルティコーヒー

クリスタルマウンテン  キューバ

カリブ海に浮かぶ太陽の楽園キューバ。そこで生まれたコーヒーの逸品「クリスタルマウンテン」。その香りとマイルドさはカリブのリズムと共にトロピカルなムードを演出します。

キューバ共和国はカリブ海に浮かぶ熱帯の島国で、世界のコーヒーの中でも指折りの逸品と言える「クリスタルマウンテン」があります。キューバのコーヒーの歴史は1748年に開かれ、ドン・ホセ・ヘラルドがハイチのコーヒー園から豆を持ち帰ったのが始まりです。その後、コーヒー園は島全体に広がり、今やキューバの代表的な産物となっております。

クリスタルマウンテンの名は海抜1000M以上の山岳地帯の水晶の産地にコーヒーが栽培されたことが由来します。透明な陽光をいっぱいに浴びる斜面、腐植に富んだ独特の土質、一年中殆ど変わる事の無い気温…まさにコーヒーの楽園とも言える絶妙な自然の中で、まろやかな香りの一粒は生まれます。キューバのコーヒー生産量は年間30000~34000トン程でその中でクリスタルマウンテンは約1000トンを占めます。グリーンビーンズは大粒で、風味もマイルド、バランスのとれた名の通りのクリスタルの繊細な質感です。そのコーヒーの中でも最も良質の物だけが「クリスタルマウンテンコーヒー」と呼ばれています。

キューバのコーヒーについて“キューバ独立の父”ホセ・マルティはこう語っております。「我々のコーヒーは豊かな神の酒(ネクター)であり、炎の無い柔らかな火のようであり、燃える事は無いが血液を活気付かせ、精神を整える…」水晶の山の“褐色の神酒”と呼ばれる「クリスタルマウンテンコーヒー」。その優雅な香りと味わいを御試し下さい。

※ワールド珈琲商会 資料より

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

浅煎り.jpg

珈琲の豆知識   2014/06/04   安西 久文

帆船時代のコーヒー豆!!インドモンスーン

アイスコーヒーに最適なインドモンスーンコーヒーをご紹介します!!

18~19世紀頃に、インドで栽培されたコーヒーを大消費地であるヨーロッパに輸送する場合、アラビア半島沖を通過し、アフリカの南端である喜望峰を回って送り込んでいたが、途中2回の赤道直下を経由していた。その際、船内の温度、湿度は過酷な状態になり、コーヒー豆は黄色く変色し、独特の風味が発生した。現在は、人為的に当時の船内で起こりうる環境を想定して、1~3年の期間をかけて倉庫内を暗くし、湿度を保ち歴史ある製法でつくられている。

インドコーヒー独特の香味とコク、濃厚な味は一度飲んだらやみつきです。コーヒー通の皆さん是非一度お試しください。

帆船.jpg

 

画像【Wikipediaより引用】

 

 

アイスコーヒーの作り方

(1人分)    粉15gで80~100ccを抽出します。

      (メジャーカップは1杯=10g)

(2人分)   粉25gで160~200ccを抽出します。

 

● グラスの縁まで氷を入れ熱いコーヒーを一気に注ぎ急冷します。澄んだ水色の香り高いアイスコーヒーができます。

● 多目に作り冷蔵庫で保管する場合、粉50gで500cc抽出します。

※ホットコーヒーより少ないお湯で抽出していますので、濃いコーヒーとなります。

  氷の水分により薄くなりますが、お好みによりお湯の量を調整してください。

2013_0417_1...

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2014/05/30   安西 久文

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

スペシャルティコーヒー

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

生産国  コロンビア APIA村

標高  1850m

コロンビアコーヒーは、素晴らしいマイルドコーヒーです。 それでも一部には、「最近のコロンビアは味が落ちたと、昔のコロンビアは、もっと甘い、まろやかな味がした。」という声もあります。 バリエダ・コロンビア種やカツーラ種が、コロンビアコーヒーの生産の大部分を占める様になってしまった今、かつてのコロンビアン・マイルドは、完全に姿を消してしまったのでしょうか? 

このテーマを追い求め、産地をひとつ、ひとつ調べ上げるのに、随分と長い時間が必要でした。最後に到達した、ひとつの村、それが “APIA” (アピア)です。 APIA村は、標高1,850mの山上にあります。村の周囲にある農園には、ティピカ種の樹々が、昔ながらの姿で赤いチェリーを実らせています。時の流れは深い谷間を通り抜け、APIA村は静かに取り残されているようです。

ご案内する商品は、このAPIA村から集荷したパーチメントビーンズを更に厳選のうえ精選、そして、心を込めた手選別により作られます。

コロンビア本来の味を、時間を越えて、日本の皆様にお届けするために、全ての妥協を排除し、本物のコロンビアン・マイルドと呼べるコーヒー “APIA”が完成しました。もし、あなたが昔のコロンビアを御存知なら、ぜひ、その味を “APIA”でお確かめ下さい。また、御存知なければ “APIA” にてその美味しささを味わって見てください。

(ワールド珈琲商会 資料より)

当店では、チョコレートのようなコク、柑橘系のほのかな酸味を持つコロンビアに、明るい酸味のあるガテマラをブレンドしたマイルドブレンドとコロンビア本来の味を楽しめる、コロンビアストレートをご用意しております。甘味とコクのあるコーヒーで、ミルクを入れて飲まれる方にもオススメです。

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

中煎り (2).jpg

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2014/04/14   安西 久文

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

スペシャルティコーヒー

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

生産国  コロンビア APIA村

標高  1850m

コロンビアコーヒーは、素晴らしいマイルドコーヒーです。 それでも一部には、「最近のコロンビアは味が落ちたと、昔のコロンビアは、もっと甘い、まろやかな味がした。」という声もあります。 バリエダ・コロンビア種やカツーラ種が、コロンビアコーヒーの生産の大部分を占める様になってしまった今、かつてのコロンビアン・マイルドは、完全に姿を消してしまったのでしょうか? 

このテーマを追い求め、産地をひとつ、ひとつ調べ上げるのに、随分と長い時間が必要でした。最後に到達した、ひとつの村、それが “APIA” (アピア)です。 APIA村は、標高1,850mの山上にあります。村の周囲にある農園には、ティピカ種の樹々が、昔ながらの姿で赤いチェリーを実らせています。時の流れは深い谷間を通り抜け、APIA村は静かに取り残されているようです。

ご案内する商品は、このAPIA村から集荷したパーチメントビーンズを更に厳選のうえ精選、そして、心を込めた手選別により作られます。

コロンビア本来の味を、時間を越えて、日本の皆様にお届けするために、全ての妥協を排除し、本物のコロンビアン・マイルドと呼べるコーヒー “APIA”が完成しました。もし、あなたが昔のコロンビアを御存知なら、ぜひ、その味を “APIA”でお確かめ下さい。また、御存知なければ “APIA” にてその美味しささを味わって見てください。

(ワールド珈琲商会 資料より)

当店では、チョコレートのようなコク、柑橘系のほのかな酸味を持つコロンビアに、明るい酸味のあるガテマラをブレンドしたマイルドブレンドとコロンビア本来の味を楽しめる、コロンビアストレートをご用意しております。甘味とコクのあるコーヒーで、ミルクを入れて飲まれる方にもオススメです。

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

中煎り (2).jpg

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2013/11/28   安西 久文

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

スペシャルティコーヒー

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

生産国  コロンビア APIA村

標高  1850m

コロンビアコーヒーは、素晴らしいマイルドコーヒーです。 それでも一部には、「最近のコロンビアは味が落ちたと、昔のコロンビアは、もっと甘い、まろやかな味がした。」という声もあります。 バリエダ・コロンビア種やカツーラ種が、コロンビアコーヒーの生産の大部分を占める様になってしまった今、かつてのコロンビアン・マイルドは、完全に姿を消してしまったのでしょうか? 

このテーマを追い求め、産地をひとつ、ひとつ調べ上げるのに、随分と長い時間が必要でした。最後に到達した、ひとつの村、それが “APIA” (アピア)です。 APIA村は、標高1,850mの山上にあります。村の周囲にある農園には、ティピカ種の樹々が、昔ながらの姿で赤いチェリーを実らせています。時の流れは深い谷間を通り抜け、APIA村は静かに取り残されているようです。

ご案内する商品は、このAPIA村から集荷したパーチメントビーンズを更に厳選のうえ精選、そして、心を込めた手選別により作られます。

コロンビア本来の味を、時間を越えて、日本の皆様にお届けするために、全ての妥協を排除し、本物のコロンビアン・マイルドと呼べるコーヒー “APIA”が完成しました。もし、あなたが昔のコロンビアを御存知なら、ぜひ、その味を “APIA”でお確かめ下さい。また、御存知なければ “APIA” にてその美味しささを味わって見てください。

(ワールド珈琲商会 資料より)

当店では、チョコレートのようなコク、柑橘系のほのかな酸味を持つコロンビアに、明るい酸味のあるガテマラをブレンドしたマイルドブレンドとコロンビア本来の味を楽しめる、コロンビアストレートをご用意しております。甘味とコクのあるコーヒーで、ミルクを入れて飲まれる方にもオススメです。

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

中煎り (2).jpg

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2013/09/09   安西 久文

帆船時代のコーヒー豆!!インドモンスーン

アイスコーヒーに最適なインドモンスーンコーヒーをご紹介します!!

18~19世紀頃に、インドで栽培されたコーヒーを大消費地であるヨーロッパに輸送する場合、アラビア半島沖を通過し、アフリカの南端である喜望峰を回って送り込んでいたが、途中2回の赤道直下を経由していた。その際、船内の温度、湿度は過酷な状態になり、コーヒー豆は黄色く変色し、独特の風味が発生した。現在は、人為的に当時の船内で起こりうる環境を想定して、1~3年の期間をかけて倉庫内を暗くし、湿度を保ち歴史ある製法でつくられている。あくまで一部マニア向けのコーヒーですが、コーヒー通の皆さん是非一度お試しください。

帆船.jpg

 

画像【Wikipediaより引用】

 

 

アイスコーヒーの作り方

(1人分)    粉15gで80~100ccを抽出します。

      (メジャーカップは1杯=10g)

(2人分)   粉25gで160~200ccを抽出します。

 

● グラスの縁まで氷を入れ熱いコーヒーを一気に注ぎ急冷します。澄んだ水色の香り高いアイスコーヒーができます。

● 多目に作り冷蔵庫で保管する場合、粉50gで500cc抽出します。その日のうちに使ってください。

※ホットコーヒーより少ないお湯で抽出していますので、濃いコーヒーとなります。

  氷の水分により薄くなりますが、お好みによりお湯の量を調整してください。

2013_0417_1...

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2013/08/03   安西 久文

帆船時代のコーヒー豆!!インドモンスーン

アイスコーヒーに最適なインドモンスーンコーヒーをご紹介します!!

18~19世紀頃に、インドで栽培されたコーヒーを大消費地であるヨーロッパに輸送する場合、アラビア半島沖を通過し、アフリカの南端である喜望峰を回って送り込んでいたが、途中2回の赤道直下を経由していた。その際、船内の温度、湿度は過酷な状態になり、コーヒー豆は黄色く変色し、独特の風味が発生した。現在は、人為的に当時の船内で起こりうる環境を想定して、1~3年の期間をかけて倉庫内を暗くし、湿度を保ち歴史ある製法でつくられている。あくまで一部マニア向けのコーヒーですが、コーヒー通の皆さん是非一度お試しください。

帆船.jpg

 

画像【Wikipediaより引用】

 

 

アイスコーヒーの作り方

(1人分)    粉15gで80~100ccを抽出します。

      (メジャーカップは1杯=10g)

(2人分)   粉25gで160~200ccを抽出します。

 

● グラスの縁まで氷を入れ熱いコーヒーを一気に注ぎ急冷します。澄んだ水色の香り高いアイスコーヒーができます。

● 多目に作り冷蔵庫で保管する場合、粉50gで500cc抽出します。その日のうちに使ってください。

※ホットコーヒーより少ないお湯で抽出していますので、濃いコーヒーとなります。

  氷の水分により薄くなりますが、お好みによりお湯の量を調整してください。

2013_0417_1...

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2013/06/22   安西 久文

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

スペシャルティコーヒー

コロンビア アピア スプレモ エスペシャル

生産国  コロンビア APIA村

標高  1850m

コロンビアコーヒーは、素晴らしいマイルドコーヒーです。 それでも一部には、「最近のコロンビアは味が落ちたと、昔のコロンビアは、もっと甘い、まろやかな味がした。」という声もあります。 バリエダ・コロンビア種やカツーラ種が、コロンビアコーヒーの生産の大部分を占める様になってしまった今、かつてのコロンビアン・マイルドは、完全に姿を消してしまったのでしょうか? 

このテーマを追い求め、産地をひとつ、ひとつ調べ上げるのに、随分と長い時間が必要でした。最後に到達した、ひとつの村、それが “APIA” (アピア)です。 APIA村は、標高1,850mの山上にあります。村の周囲にある農園には、ティピカ種の樹々が、昔ながらの姿で赤いチェリーを実らせています。時の流れは深い谷間を通り抜け、APIA村は静かに取り残されているようです。

ご案内する商品は、このAPIA村から集荷したパーチメントビーンズを更に厳選のうえ精選、そして、心を込めた手選別により作られます。

コロンビア本来の味を、時間を越えて、日本の皆様にお届けするために、全ての妥協を排除し、本物のコロンビアン・マイルドと呼べるコーヒー “APIA”が完成しました。もし、あなたが昔のコロンビアを御存知なら、ぜひ、その味を “APIA”でお確かめ下さい。また、御存知なければ “APIA” にてその美味しささを味わって見てください。

(ワールド珈琲商会 資料より)

当店では、チョコレートのようなコク、柑橘系のほのかな酸味を持つコロンビアに、明るい酸味のあるガテマラをブレンドしたマイルドブレンドとコロンビア本来の味を楽しめる、コロンビアストレートをご用意しております。甘味とコクのあるコーヒーで、ミルクを入れて飲まれる方にもオススメです。

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

中煎り (2).jpg

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2013/06/16   安西 久文

帆船時代のコーヒー豆!!インドモンスーン

アイスコーヒーに最適なインドモンスーンコーヒーをご紹介します!!

18~19世紀頃に、インドで栽培されたコーヒーを大消費地であるヨーロッパに輸送する場合、アラビア半島沖を通過し、アフリカの南端である喜望峰を回って送り込んでいたが、途中2回の赤道直下を経由していた。その際、船内の温度、湿度は過酷な状態になり、コーヒー豆は黄色く変色し、独特の風味が発生した。現在は、人為的に当時の船内で起こりうる環境を想定して、1~3年の期間をかけて倉庫内を暗くし、湿度を保ち歴史ある製法でつくられている。あくまで一部マニア向けのコーヒーですが、コーヒー通の皆さん是非一度お試しください。

帆船.jpg

 

画像【Wikipediaより引用】

 

 

アイスコーヒーの作り方

(1人分)    粉15gで80~100ccを抽出します。

      (メジャーカップは1杯=10g)

(2人分)   粉25gで160~200ccを抽出します。

 

● グラスの縁まで氷を入れ熱いコーヒーを一気に注ぎ急冷します。澄んだ水色の香り高いアイスコーヒーができます。

● 多目に作り冷蔵庫で保管する場合、粉50gで500cc抽出します。その日のうちに使ってください。

※ホットコーヒーより少ないお湯で抽出していますので、濃いコーヒーとなります。

  氷の水分により薄くなりますが、お好みによりお湯の量を調整してください。

2013_0417_1...

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2013/04/29   安西 久文

『あなた好みの珈琲』作りお試しセット販売開始!

色々な銘柄の豆を配合して世界に一つだけのマイブレンドを作りませんか?個性豊かなスペシャルティー珈琲を使って、自分のイメージする味・香味をいかに創り出すか、まさにブレンドの真髄といえます。ご自宅でゆっくりマイブレンド作りを体験していただきたく、ストレート豆12種のセットをご用意しました。もちろん、「ブレンドの作り方」の説明書を同梱いたしますので簡単にお作りいただけます。質問等ございましたらお気軽に店舗にお問合せ下さい。新しい味の発見を是非体験してみて下さい。

 

『あなた好みの珈琲』作りお試しセット  【580g】

【ネットショップ限定】 送料無料

セット内容

ブルーマウンテン№1 50g・ブラジルミナス60g・ブラジルアマレロ60g・グァテマラ40g・

トラジャ50g・コロンビア50g・モカ50g・キリマンジャロ50g・ケニア40g・

マンデリン50g・インドモンスーン40g・深煎り40g

「ブレンドの作り方」の説明書を同梱致します。

販売価格 3,200円

そうけい珈琲通信販売サイト  http://shop.soukeikohi.com/

2012_1122_1...

珈琲の豆知識   2013/02/23   安西 久文

ブログカレンダー

11月 2018年12月 1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031