そうけい珈琲メインイメージ

新着情報

そうけい珈琲からの情報をお届けします。

著名人がコーヒーに寄せたことば ③

あぁ、これでコーヒーカップを手にすることができなくなった。 (辞世の句)

          ★ルソー (1712~1778)  フランスの哲蒙思想家 文学者

 

    濃いコーヒーをたっぷり飲めば目がさめる。

    コーヒーは温かさと不思議な力と、

    心地よい苦痛を与えてくれる。

    余は無感よりも、苦痛を選びたい。

          ★ナポレオン ボナパルト (1769~1821)  フランスの皇帝

 

     あぁ、コーヒー

  千回のキスよりも素晴らしく

  マスコット酒よりなお甘い

  コーヒー  コーヒーは

  やめられない  (オペレッタ「コーヒーカンタータ」)

        ★バッハ (1685~1750)  ドイツの作曲家  

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2015/12/10   安西 久文

著名人がコーヒーに寄せたことば ②

ほかの理由はともかく、砂糖やクリームのはいった

本当のコーヒーが飲めなくなったことだけでも、

彼女は北軍を憎んだ。 (小説「風と共に去りぬ」)

           ★マーガレット・ミッチェル(1900~1949)  アメリカの作家

 

   

    自分は珈琲の中に強いアルコール性のコニャックを注いで、

    立上る湯気と共にその香りを深く吸い込んだ。

    一時の郷愁は忽ち消えて心がうっとりとした。 (小説「帰朝者の日記」)

                 ★永井荷風(1879~1959)  日本の小説家

珈琲の豆知識   2015/12/07   安西 久文

著名人がコーヒーに寄せたことば ①

「珈琲事典」からの引用ですが、古今東西の著名人がコーヒーに寄せたことば、深く感じるものがあります。

 コーヒーが腹中に入ると、即座に活気が出てくる。

ちょうど戦場における軍隊のようにいきいきとしたアイデアが生まれ、

記憶の中に眠っていたものが、つぎからつぎへとその姿をあらわしてくる。

              ★バルザック(1799~1850)  フランスの小説家

 

           

     コーヒーは悪魔のように黒く

     地獄のように熱く

     天使のように清く

     恋のように甘く・・・・・

        ★タレーラン(1754~1838)  フランスの政治家 教育思想家

≫ 続きを読む

珈琲の豆知識   2015/12/04   安西 久文

コーヒーの保存方法

新鮮なスペシャルティコーヒーを提供しております。新鮮なコーヒー豆は適正な保存が大切です。

正しい保存方法をご紹介します。基本的にコーヒーは生鮮品のように考えて下さい。止むを得ず長期保存をする場合、一番良い保存方法は冷凍庫で保存することです。冷凍庫で保存する場合は、密封容器に入れるか、袋を2重にすることで保存性が高くなります。

 

◆豆の場合

 長期保存をする場合、密封容器に入れ冷凍庫で保存しましょう。2か月は美味しく飲めます。常温の場合は2週間程度で飲みきってしまうことが望まれます。

 

◆粉の場合

 密封容器に入れ、冷凍庫で保存しましょう。1ヶ月半は美味しく飲めます。

珈琲の豆知識   2015/11/28   安西 久文

小田原の自家焙煎店 そうけい珈琲

① 高品質のスペシャルティコーヒーです。

② 厳選された生豆と焙煎が新鮮な自家焙煎コーヒーです。

③ わざわざ自家焙煎するのは、コーヒーを美味しく作るためです。

④ 毎日必要な分だけこまめに焙煎する新鮮なロースト豆です。

⑤ 大量生産ではできない、豆の質やキャラクターを生かした創造的な香味のコーヒーです。

⑥ このブレンド『私の作品です!』 全国どこにもないここだけのコーヒーです。

⑦ 『一度飲んだら忘れない味』です。

⑧ 新しい味の発見の喜びと興奮をお楽しみください。

⑨ 高品質豆を使用していますが、リーズナブルプライスでご提供させていただきます。

DSCF0133.jpgDSCF0130.jpg

店舗③.jpg

珈琲の豆知識   2015/11/21   安西 久文

コーヒーが夜間作業の効率や安全性を高める?

眠けを追い払いたいときや、集中力を高めたいとき、手を休めてコーヒーを飲んでみてはどうでしょう。カフェインが精神活動に及ぼす効果については、これまで多くの研究で実証ずみです。ある実験では、カフェイン220mg(コーヒー約2杯分)を摂ると、夜間作業中の不注意事故が半減し、また、認知エラーが半減することがわかりました。別の実験では、夜間の高速道路運転時、カフェイン200mgの飲用が、仮眠30分と同じくらい疲労をとるのに有効なことが確認されています。さらに、15分程度の仮眠と、カフェイン150~200mgの摂取を同時に行うことで一段と効果が高まり、運転事故が減少するという報告も出されています。

※参考文献「全日本コーヒー協会」資料より引用

珈琲の豆知識   2015/11/16   安西 久文

“石垣の焙煎工房”こだわりの焙煎

安西久文.JPG

          石垣の焙煎工房   焙煎士 安西 久文

 

 

生豆.JPG

“といだ生豆” 鮮やかなグリーンビーンズになります。欠点豆を取り除きます。生豆を『とぐ』と、喉越しの切味抜群な、見事なコーヒーができます。

 

焙煎機.JPG焙煎機2.JPG

半熱風 焙煎機を使用して焙煎します。(熱源はガス・R105型 5kgタイプ)

左後方は、サイクロン(焙煎中に吹き出る煙とチャフと呼ばれる薄皮を分離して、煙や空気を外部にだします。)

写真右は操作盤です。温度計には、製品温度(豆温)が表示されます。

(180℃~200℃位の間で煎り上がります。)

 

焙煎①.JPG焙煎③.JPG

生豆をシリンダーに入れて焙煎開始です。写真右は覗き窓から見た豆の状態。

 

焙煎④.JPG焙煎⑤.JPG

テストスプーンを使って豆の色を見ます。

 

焙煎⑥.JPG焙煎⑦.JPG

ダブルローストをするので、一旦、冷却箱に豆を移します。

 

 

焙煎⑧.JPG焙煎⑨.JPG

冷却した豆を再度シリンダーに入れます。

ダブルローストは、豆がよく膨らんで煎り上がりも揃います。

 

 

焙煎⑩.JPG焙煎⑪.JPG

いい色です。完全に煎り上がった状態で、前蓋を開き、冷却箱に残らず豆を移し充分冷却します。

 

焙煎⑫.JPG

                        “完煎”です。

 

ピッキング①.JPGピッキング②.JPG

再度、ハンドピッキングで欠点豆(写真右)を、取除きます。

 

豆.JPG

               すごく美味しいコーヒー豆の出来上がりです。

≫ 続きを読む

焙煎   2015/11/09   安西 久文

コーヒー豆に鎮痛作用のペプチドを新たに発見!

【AFP=時事】ブラジル農牧研究公社とブラジリア大学は、コーヒーに鎮痛作用のあるペプチド(タンパク質の破片)の含有を確認したことを発表した。このペプチドはモルヒネに似た効果を持つという。

ブラジル農牧研究公社によると、同社の遺伝・バイオ研究部とブラジリア大学の科学者からなるチームは先ごろ、鎮痛や穏やかな鎮痛作用のある性質を持つ、これまで知られていなかったオピオイドペプチドを発見したという。

また、実験用のマウスを使った実験の結果、みつかったオピオイドペプチドの持続時間がモルヒネより長いとみられることも分かった。

今回の発見についてブラジル農牧研究公社は、健康食品業界にとってバイオ技術面での新たな可能性を与えるものであり、また他方では、食肉処理される家畜のストレス軽減にも応用できるかもしれないと期待を寄せている。

ブラジル農牧研究公社とブラジリア大学は、品質向上を目的にコーヒー豆の研究を続けている。ブラジル農牧研究公社は、2004年にコーヒー豆のゲノムの解析に成功していた。

【翻訳編集】AFPBB News

YAHOO! ニュースより引用

珈琲の豆知識   2015/11/05   安西 久文

“褐色の神酒” クリスタルマウンテン

スペシャルティコーヒー

クリスタルマウンテン  キューバ

カリブ海に浮かぶ太陽の楽園キューバ。そこで生まれたコーヒーの逸品「クリスタルマウンテン」。その香りとマイルドさはカリブのリズムと共にトロピカルなムードを演出します。

キューバ共和国はカリブ海に浮かぶ熱帯の島国で、世界のコーヒーの中でも指折りの逸品と言える「クリスタルマウンテン」があります。キューバのコーヒーの歴史は1748年に開かれ、ドン・ホセ・ヘラルドがハイチのコーヒー園から豆を持ち帰ったのが始まりです。その後、コーヒー園は島全体に広がり、今やキューバの代表的な産物となっております。

クリスタルマウンテンの名は海抜1000M以上の山岳地帯の水晶の産地にコーヒーが栽培されたことが由来します。透明な陽光をいっぱいに浴びる斜面、腐植に富んだ独特の土質、一年中殆ど変わる事の無い気温…まさにコーヒーの楽園とも言える絶妙な自然の中で、まろやかな香りの一粒は生まれます。キューバのコーヒー生産量は年間30000~34000トン程でその中でクリスタルマウンテンは約1000トンを占めます。グリーンビーンズは大粒で、風味もマイルド、バランスのとれた名の通りのクリスタルの繊細な質感です。そのコーヒーの中でも最も良質の物だけが「クリスタルマウンテンコーヒー」と呼ばれています。

キューバのコーヒーについて“キューバ独立の父”ホセ・マルティはこう語っております。「我々のコーヒーは豊かな神の酒(ネクター)であり、炎の無い柔らかな火のようであり、燃える事は無いが血液を活気付かせ、精神を整える…」水晶の山の“褐色の神酒”と呼ばれる「クリスタルマウンテンコーヒー」。その優雅な香りと味わいを御試し下さい。

※ワールド珈琲商会 資料より

そうけい珈琲通販サイト http://shop.soukeikohi.com/

浅煎り.jpg

珈琲の豆知識   2015/10/30   安西 久文

メタボリック症候群に及ぼす運動とコーヒー飲用の効果!

習慣的なコーヒー飲用は脂質代謝を促進し、メタボリック症候群の進展を抑制することが知られている。

この研究では、メタボリック症候群に及ぼす運動とコーヒー飲用の効果を調べるため、ヒトのコーヒー飲用後に30分間のランニングを負荷し、運動時の糖・脂質代謝動態および回復期のエネルギー代謝亢進の推移を観察した。対照として白湯を飲用させた場合と比較すると、コーヒー飲用者は糖質の利用が抑制され、脂肪燃焼が亢進した。ラットを用いた実験においても同様に、メタボリック症候群危険因子は、運動とカフェイン摂取の併用により相乗的に改善することがわかった。

鈴木政登 東京慈恵会医科大学臨床検査医学 教授

※全日本コーヒー協会 資料より引用

珈琲の豆知識   2015/10/26   安西 久文

ブログカレンダー

7月 2017年8月 9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031